『ウッゴー、ウユニの塩湖にも花は咲く!?』

突然、母子家庭になったボリビア生活日記から復活 減農薬ぶどうの栽培記録アレコレ 『減農薬ぶどうの販売について』を見てね!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バン屋に朝早く行くと うまい訳。

我が家に ききつちを呼ぶことにしたら 無性に パリパリのパンが食べたくなって いつもは ホームベーカリーだけど 久々にちゃんとパンを作ってみた。

ボリビアのスクレでは 毎朝 町のあちこちにある キオスクみたいな 小さな店に パンを買いに行く。パン屋さんらしいパン屋さんが あるのは けっこう大都市にしかなくて 多くのパン屋さんは 朝しか焼かないし 店構えもなくて どこにあるのか わからない。キオスクのような店が どこから仕入れるかによって 美味しい店のパンが売っているか決まるけれど 実は そんなに大差ない。種類も あまりない。チーズか ゴマが ちょこっとのってるか なんにもないか そのくらいの違いしかないから まあ 店では選べない。 町の各店は みんなが 朝ごはんを買いに来る前にパン屋さんにパンを買いに行く。次の日のパンは 恐ろしく固いから お店も残らないように 見越して買ってくるから ティータイムをちょっと遅くなると 売り切れてたりする。

お店もは ほんの少し高く売るから パン屋さんの居所を教えてくれないのだけど ある朝早く 夫がパンを買いに行って お店の人が パンを買って出てくるのを発見した。

それから バン屋さんが 朝早く パンを 焼くころにいくと 焼きたては

相当うまい!

1枚おまけにくれたりする。店が仕入れに来るから これも ゆっくり行くと 売り切れる。

私と娘は 朝日とともに 起きるのが 好きで 朝か早い。夫は 眠そうにしながら それに合わせて 娘を肩車で パン屋さんに 毎朝 1日分のパンを買いに行くのが日課だった。

そのうち 小麦が値上がり 不景気で パン屋さんを辞めてしまったり 別のパン屋さんも見つけたりしたけれど やっぱり ティータイムには あんまり おいしいパンに ありつけず 自分でも焼くようになった。発酵は ビニール袋に入れて お日さまの下 ぐんぐん 大きくなった。


スクレの青い空が 懐かしい。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

2009年2月14日からの訪問者数

プロフィール

banbi

Author:banbi
福島原発事故後 千葉県から岡山県高梁市へ母子で避難移住。ぶどう農家で独立を目指し、研修をかねてバイトをしていました。2015年春に 12本のぶどうの木を借りることになり 減農薬のぶどうの販売を始めました。

最新記事

ブログ翻訳

右サイドメニュー

フリーエリア

不思議なツリーを育てている妖精ピグミーです。↑

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。