『ウッゴー、ウユニの塩湖にも花は咲く!?』

突然、母子家庭になったボリビア生活日記から復活 減農薬ぶどうの栽培記録アレコレ 『減農薬ぶどうの販売について』を見てね!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる力 母を超え 大地の再生1

6次産業化セミナーで、ちょっと帰りが遅くなって、車で急いで帰る途中、携帯がなる。運転中、げっ、こんな時に。

出ると、娘が泣いてる。あ。あ、、最近、大丈夫かと思っていたのに。

『早く帰って来てーっ』ぐしゃぐしゃの娘の顔が、浮かんだ。

「今、帰っている途中だよ、遅くなるっていったじゃん。どこにいるの?」私。
『○○さんちから かけてるの』娘。

あー泣いてる。
外は真っ暗なのに新聞屋さんが来て怪しい→怖い→一番近い、おじさんにちに助けを求める→『帰ってくるまで おじさんちにいていい?』

あー、最近、大丈夫かと思ってたのに。以前、小学校で 不審者の避難訓練があって、そこで見た簡単な映画が怖かったらしい。
それから 何年か1人で 家に居られなくなって ほんとに大変だった。
やっと 1人でも 少しなら待ってられるようになってきてたんだけど、またか。遅いって言っても 7時くらいだから そんなに遅くもなかったんだけど 最近、暗闇 早いから不安になっちゃったみたい。引っ越してから初めて、おじさんちに泣いて行っちゃって、びっくりされてるだろうな。うわー、 やっかい!先に浮かんじゃったけど あの優しい おじさんちに行くとは 流石 我が娘。助けを求めるところが 的・確っ!と感心もしてる。

案の定、迎えに行くと おばさんと出てきて おばさんには 『かわいそう!』っていきなり言われて
ガーン!完全に 攻められた気分になる。
わかってるよ、わかってる。
かわいそうな娘、だけど「しょうがないんです!」思わず口に出た。

『こういう時は、うちに来させなさい!』そう言ってくれて あー、アリガタヤ!そう思ったけど。
まだ かわいそうが 突き刺さってた。しばらく、頭の中は ぐるぐる かわいそうな娘にしている駄目な母親と自分を攻めてる。私自身、ずっと鍵っ子だった、朝起きる前に 居なくなる母親と そばに居たくて居たくて…私は 子どもに こんな淋しい思いをさせない、一緒に 居られる生活を 送りたいっていうのが 私の子ども時代にした決意だったのに。
あの寂しさを 心細さを 感じさせているのに どうにもできないと思っている自分を責めてた。

でも…
ちゃんと助けを求められる娘を信じよう!

私には出来なかったことをやる娘が 眩しい。


こんなことが あったのに うちから2時間はかかる蒜山工藝社で 面白そうなイベントがある。
大地の再生講座!あー、行きたい。でも平日だし、また遅くなる、行けないよな、でも行きたい、娘に伝えたら…やっぱりイヤがってる。行けないな。だけど行きたい。大地をどうやって再生するのか?風の草刈りって?行きたい!

続くのだ!

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

FC2カウンター

2009年2月14日からの訪問者数

プロフィール

banbi

Author:banbi
福島原発事故後 千葉県から岡山県高梁市へ母子で避難移住。ぶどう農家で独立を目指し、研修をかねてバイトをしていました。2015年春に 12本のぶどうの木を借りることになり 減農薬のぶどうの販売を始めました。

最新記事

ブログ翻訳

右サイドメニュー

フリーエリア

不思議なツリーを育てている妖精ピグミーです。↑

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。